映画『セッション』作品情報・感想・あらすじ

あらすじ

アンドリュー・ニーマンは19歳のジャズ・ドラマーである。

壮大ながらも獏とした夢を抱えながら、日々孤独に練習に打ち込むニーマン。

開始早々、怒声を浴びせられ、泣きながら退場させられるバンドメンバーを目にして度肝を抜かれ

フレッチャーは温かく迎え入れるような態度をとった

若くして才能に恵まれるニーマンは、れ、アメリカで最高の音楽学校、シェイファー音楽学校へと進学していた。

さらには、バンドメンバーの目の前で屈辱的な言葉を浴びせられながら、頬を殴りつけられる。

血のにじむような特訓をくりかえしながらも、ニーマンは補欠としてコアドラマーの楽譜めくりの扱い

彼はシェイファーの最高峰であるフレッチャーのスタジオ・バンドに招かれる事になった。

コア・ドラマーの楽譜をなくしてしまったニーマンは、記憶を便りに自分が「Whiplash」を演奏する

フレッチャーの登場とともに異様な緊張感に包まれる様子に違和感を覚える。

フレッチャーは、、初等教室でニーマンと一緒に学んでいたドラマー、ライアンを褒める。

偉大なドラマーになることへの強い執着と猛特訓によってつちかわれたニーマンの自負心は無視できるほどのものになっていたのであった。

自分を納得させることができる演奏が聴けるまで三名に演奏を続けさせることを宣言する。

数時間にも及ぶ演奏の末、ニーマンただ一人がこれを最後まで演奏してのける。

会場へ向かう途中、バスが故障してしまったことから、ニーマンはレンタカーで会場に向かうことになる。

焦りながら会場へ引き返す最中、トラックと事故にあい、車が横転し、自身も血まみれになるほどの大事故に巻き込まれる。

執念で開演直前に会場にたどり着いたニーマンは、そのまま舞台で演奏する

重要なコンペティションを前に、指導に現れたフレッチャーは昔の教え子だったショーン・ケイシーが自動車事故で亡くなったことをバンドのメンバーに伝える。

けがの影響で満足な演奏は出来ず、ついにはスティックを落としてしまい終わる。

到着後にドラムスティックをレンタカーショップに忘れたことに気づき、あわてて引き返す。

冷酷に「お前は終わりだ」と宣言するフレッチャー。

自らの公演を失敗させる事によって、フレッチャーはニーマンに復讐を試みたのだった。

フレッチャーを辞めさせることで、二度と彼の体罰にあう生徒が現れないようにできるのだ、と。

この騒動を受けて、ニーマンはシェイファー音楽学校を退学になりコロンビア大学に転向する。ニーマンの父親ジムはショーン・ケイシーの代理人を務める弁護士と接触する。

弁護士は二人に、ケイシーは事故で死んだのではなく、自殺したのだと明かす。

ケイシーはフレッチャーの指導を受けるようになってから、うつに悩まされるようになったのだという。

弁護士は、ケイシーの両親はフレッチャーを直接訴えることはできないが、ニーマンの協力でフレッチャーを辞めさせる事はできると彼に持ちかける。

「自分が学生を殴るのは、彼らにジャズ界の伝説になってほしいと願うからだ。

自身の受けていた仕打ちにもかかわらず、フレッチャーの資質を認めていたことから、当初はこれを是としなかったニーマンだが、自身のドラムへの情熱が消えてしまったことで、やがて自暴自棄になり、これをのむことになる。

フレッチャーから受けた体罰について匿名で証言し、フレッチャーは音楽学校を辞めさせられる。

観客の中にニーマンを見つけたフレッチャーは彼を引き止め、酒を飲みながら二人は話をする。

シェイファー音楽学校の中でも最高の指揮者として名高いテレンス・フレッチャーが彼の学ぶ初等教室

はじめはためらいながら指揮を取るフレッチャーだが、やがてその表情には歓びの表情が浮かぶのだった。

かつて、ヘマをやらかしたチャーリー・パーカーに、ジョー・ジョーンズはシンバルを投げつけた。しかし、それがパーカーの克己心に火をつけ、彼を偉大にした。

自分のやったことに後悔はない。

第二のチャーリー・パーカーの才能を殺すことこそが悲劇だ

やがて、フレッチャーは来るJVC音楽祭でバンドの指揮をすること、曲目はシェイファー時代のレパートリーと同様であること、ニーマンに告げ、彼に代役を務めることを持ちかける。

ニーマンの凄まじいドラムの独奏は、指揮者であるフレッチャーの主導権すら奪い、バンドがキャラバンを演奏させざるを得ない状況を強引に作り出す。

ニーマンはドラムへの情熱を取り戻し、これを受けることにするのだった。

フレッチャーは、ニーマンの匿名での証言によって自らがシェイファー音楽学校から追いやられたのを知っていた。

曲が終わり、呆然とするニーマンの姿にほくそ笑むフレッチャー。

「今の曲はドラマーには早すぎたようだ。では次はスローな演目を…」しかし、彼の曲紹介は、突如始まったニーマンのアグレッシブな演奏によりさえぎられる。

登場人物

アンドリュー・ニーマン(マイルズ・テラー)

シェイファー音楽学校に通うジャズ・ドラマー。一流のドラマーを夢見て日々、練習に打ち込んでいる。

テレンス・フレッチャー(J・K・シモンズ)

シェイファー音楽学校の先生。かなり厳しい指導をしている。

受賞歴

アカデミー賞

第87回(2014年)

助演男優賞

音響賞(調整)

編集賞

NY批評家協会賞 第80回(2014年)

助演男優賞

LA批評家協会賞 第40回(2014年)

助演男優賞

ゴールデン・グローブ 第72回(2014年)

助演男優賞

作品情報

タイトル:セッション

原題:WHIPLASH

製作年度:2014年

上映時間:107分

製作国:アメリカ

ジャンル:ドラマ、青春

監督:デイミアン・チャゼル

製作総指揮:ジェイソン・ライトマン、ゲイリー・マイケル・ウォルターズ、クーパー・サミュエルソン、ジャネット・ヴォルトゥルノ=ブリル

脚本:デイミアン・チャゼル

音楽:ジャスティン・ハーウィッツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする